2021年6月分、7月分のワクチン接種について

本日(5月19日)、江戸川区からのお知らせが出ているので、ぜひご確認ください。

江戸川区ホームページ「ワクチン接種に関するお知らせ」

今回は6月分と7月分(11日まで)の予約ができます。

こちらでは、もう少し細かいお話をしたいと思います。

前回、5月分の予約時に「なくて困った」、「あれば分かりやすかった」という情報を追加しました。
報道等で、江戸川区に入ってくるワクチンの本数が出ていたと思いますが、今回、接種に使われる本数というのは・・・

江戸川区に入るワクチン(医療従事者分・区内高齢者・施設の方分)

全体の本数から、医療従事者や区内の高齢者施設入所者の方の分を引いた本数になります。
この本数を、集団接種個別接種を分けて打っていきます。

個別接種とは、つまり「かかりつけ医」で接種、というような言い方をしていますが、「どこからが”かかりつけ医”なの?」とか、「しばらく行っていないけど大丈夫かな?」とか疑問があるかと思います。

これらは、「その病院に問い合わせてください」ということでした。(区の回答)
病院によって、考え方や方針が微妙に違うため、直接問い合わせいただくのが早いということでした。また、「個別接種に人が来すぎて、ワクチン足りなくなるのでは?」という心配も聞きますが、こちらも無いそうです!!

個別接種分のワクチンは、必ずその人数分配布されるようです。さらに2回目の接種の相談もそのまま同じ病院でできるとのことです。
もし心当たりのある病院があるようでしたら、一度ご確認ください。

集団接種ですが、今回からどの会場にどのくらい予約枠があるのか公表しました。また、予約当日も随時区のHPにはなりますが予約の残数を公開しています。

電話回線等に関しては、”つながりにくい”という課題はありますが、HP等の情報を参考にしていただき、時間をずらす等、ご検討いただけましたらと思います。

今回の集団接種の予約分は2万人分で、区の65歳以上の人口の約13%という数になります。(区としては個別接種の方が多いのではと見込んでいるようです。)

「なるべく早く!!」と思われる方も多いとは思いますが、ワクチンの供給量を見ながらの調整になるため、今はこの本数になるそうです。

職員の方の話ですと、7月頃には安定してワクチンの供給はできるということです。

また、区の職員の方からは、「このワクチン接種に関して”100%感染を防ぐ”というものではないこともご理解ください。」ということでした。

ワクチンを打ったから「”マスクをしなくても大丈夫”という訳ではないと、お話されていました。」

様々な情報があり、分かりにくいことも多いと思います。

何かあれば、お気軽にお声がけください!

コメントする


上の計算式の答えを入力してください